大人になってからでもちんこを大きくする方法はある!ちんこの仕組みを理解してデカくしよう!

ちんこの大きさは、ある程度の年齢で成長が止まるといわれています。

しかし大人になったとしても、男としてちんこを大きくしたいという憧れはあるものです。

むしろ大人になってからの方が、大きさを気にすることが多くなるのではないでしょうか。

とはいえ、さすがに20代半ばをすぎると、「これ以上ちんこを大きくするのはむずかしいだろう」と諦めてしまうかもしれませんね。

ですが、決してあきらめる必要はありません。

大人になってからでも、ちんこを大きくすることはじゅうぶん可能なのです。

僕自身、大人になってからちんこが小さいことに悩み、ペニスのサイズアップ法をあれこれ模索し続けてきました。

そして、とうとうペニスのサイズアップが叶う、効果的な増大サプリと出会うことができたのです。

さまざまなちんこ増大法にトライするのも良いですが、効果が実感できる増大サプリメントを活用するのもおすすめです。

本記事では、大人になってからちんこを大きくするための効果的な方法について解説しています。

今からでは遅いのでは?と思われている方も、ぜひ参考にしてみてください。

大人になってもちんこを大きくしたいという方へ

成人してからもさまざまな理由から、ペニスのサイズアップを望む男性がたくさんいます。

一般的には大人になると大きくできないと考えられているようですが、実際はちょっとした努力で大きくできるのです。

ちんこはどのくらいサイズアップ可能なのか

努力次第でちんこは大きくできるとはいっても、どうせそんなに変わらないだろうと考える方も多いかもしれませんね。

サイズアップのための取り組み方次第でその効果には差がありますが、およそ1cm~5cm程度は大きくなるといいます。

たった1cmだとがっかりする方もいるかもしれませんね。

しかし1cmちんこが大きくなれば、見た目にもずいぶんと変わります。

セックスの際には、それまで届かなかった奥の方まで余裕で届くようにもなります。

もちろん、サイズアップ法次第では、3cmアップや5cmアップだって決して夢ではありません。

たとえほんの少しでもちんこが大きくなるのであれば、その方法を試してみたいと思いませんか。

ちんこはどれくらい大きくなれば見た目の印象が変わるのか?

1cmサイズアップするだけでも、見た目に大きくなったことを実感できます。

しかし2cmサイズアップすると、よりはっきりとちんこが大きくなったなと感じられるはずです。

2cm長さが伸びればまわりの太さにも変化があるので、全体的に迫力が出てくることでしょう。

毎日ちんこを眺めていると、サイズアップしていることに気が付かず過ごしてしまうこともあるかもしれません。

セックスをした際の女性の反応が急に変わり、サイズアップしたことを実感するという男性も少なくありません。

大人がちんこを大きくする場合、手術を受ける方法以外に即効性を感じられる手段はありません。

しかしチントレを行い、増大サプリなどを継続的に活用すれば、大人になってからでも確実にサイズアップは可能なのです。

女性が必要とするペニスサイズ

セックスの際に女性を喜ばせたくて、ちんこを大きくするぞ!と決意される方も多いかもしれません。

ちんこが小さく、日ごろのセックスでは女性が物足りなさを感じているのではないかと不安に感じている方もいることでしょう。

実際のところ、女性がセックスの際に求めるペニスのサイズは、日本人の平均サイズ±2cmほどだといわれています。

日本男性の勃起時のペニスの平均サイズは13.5cm。

一方、女性の膣の入り口から奥までの長さは8~11cmほど。

ちんこの長さが13cm前後ほどあれば膣の奥まで届き、快感が得られる長さだということになります。

とはいえ平均以下の長さであっても、体位を工夫すれば挿入で女性を気持ちよくさせることは可能です。

サイズよりもちんこの硬さを重視するという女性もたくさんいます。

ちんこが短いと不妊になる?

ちなみに妊活において、ペニスの大きさが関係しているのではないかと心配される方もいるようです。

この点においては、勃起時のサイズが5cm以下でない限りは、不妊に至るほどの問題はないとされています。

より多くの精子を子宮内へ届けるためには膣の奥の方で射精したほうが効果的です。

しかし、体位次第で解決できるため、サイズはそこまで関係はありません。

ちんこのサイズの大小よりも、元気な精子をたくさん送り込むことや、女性をしっかりと気持ちよくさせて膣内をアルカリ性に保つことの方が重要になります。

勃起するとちんこが大きくなる原理と仕組み

生まれたばかりの赤ちゃんのちんこは、当然ながらとても小さいですよね。

ちんこは成長期を経て大人になるにつれ、どんどん大きく成長していくのが一般的です。

思春期の初めの頃は、勃起すると6cm程度の大きさだとされています。

大人になるにつれてさらに大きく発達し、勃起時には9cm~12.7cmほどのサイズになるとされています。

ウィキペディア(Wikipedia)ヒトの陰茎のサイズ参照

勃起のときにちんこが大きくなるのには、ちんこを形成している海綿体という組織が大きく関係しています。

男性のペニスには、

  • 陰茎海綿体(左右に1本ずつ)
  • ペニス下側にある尿道海綿体

の合計3つの海綿体があります。

海綿体はスポンジ状の組織で、血液が流れ込むことによって、大きく膨張するのが特徴です。

より大きくするためには、海綿体に流れ込む血液の量を多くするか、血管を広げることがポイントとなります。

大人になってからでも大きくできる理由

ちんこが成長する期間は、思春期の頃から23歳くらいまでだといわれています。

この時期に分泌される男性ホルモン、テストステロンの量がぐっと多くなるというのがその理由です。

この男性ホルモンが分泌されるピークは20~30歳の頃。

20代半ばにもなると分泌される男性ホルモンの量も次第に落ち着き、加齢とともに分泌量が減っていくとされています。

大東製薬工業株式会社:年齢と男性ホルモンの関係

ホルモン分泌のピークに伴い、ちんこ自体の成長もピークを迎えることとなります。

それ以降は、男性ホルモンの分泌が減少するため、一般的にちんこはあまり成長することがないとされているのです。

しかし努力次第では大人になってからも、ちんこを大きくすることが可能です。

ポイントは、海綿体の血管の拡張と、血液量のアップ。

この2つのポイントをクリアすれば、年齢を重ねて大人になってからでも、十分ちんこを大きくすることは可能なのです。

大人になってからちんこを大きくする方法

ちんこの成長期を過ぎて大人になってから大きくするためには、

  • 海綿体への血流量アップ
  • 海綿体の血管を広げる

ための努力が必要となります。

そのためには具体的に

  • 生活習慣の改善(体質改善と血流改善)
  • 食事の見直し(ちんこ増大に必要な栄養確保)
  • チントレや筋力トレーニング(特にPC筋の増強)

などが重要です。

それぞれ取り組みやすいことからスタートし、チンコ増大を目指しましょう。

生活習慣の改善

睡眠不足が続いている方は、十分な睡眠時間の確保と質の良い眠りが重要です。

眠りの質が低下すると、睡眠時に分泌される男性ホルモンが十分に分泌されなくなってしまうからです。

また、ストレスがたまりやすい生活を送っている方も要注意。

ストレスがたまると、血流が悪くなりホルモン分泌の低下にもつながるからです。

血流が改善され男性ホルモンの分泌量がアップすれば、精力も高まりちんこ増大率もアップしますよ。

食生活の見直し

乱れた食生活を送っている方は、身体に必要な栄養が足りず血行が悪くなっていることもあります。

脂っこい食事中心の方は野菜を取り入れるなどし、まずはバランスの良い食事をとることを優先しましょう。

よりちんこを大きくしていきたいと考えている方は、ちんこの増大につながる栄養素を積極的にとることが大切です。

特に亜鉛やアルギニン、シトルリンなどの成分はちんこを大きくするのに効果的です。

チントレを行う

ちんこの血行促進や血液量アップのために効果的なのは、定期的にチントレを行うことです。

自宅などで簡単に取り組めるチントレを2種類紹介します。

引っ張りのチントレ(牽引法)

このチントレでは、ちんこの根元を中心にストレッチさせることで、身体の中に隠れている部分を引き出すのが目的です。

じん帯を緩めることがポイントとなるため、無理やりひっぱって痛みを感じさせるほど引っ張る必要はありません。

引っ張りのチントレのやり方

  • ちんこを半勃起状態にする
  • ちんこのカリの部分を指でつまんで前方に30秒ほど引っ張る
  • そのままちんこをおへそ側にゆっくりと引っ張り30秒ほどキープ
  • 同じような動きで右、左、下方向へと30秒ずつ引っ張りながら倒す
  • 次は時計回りに30秒間ゆっくりめに回す
  • 今度は反時計回りにゆっくりと回す
  • 時間に余裕があれば、八の字を描くように30秒間ストレッチ

このトレーニングを1日1セット。

ちんこが伸びていくのをイメージしながら、程よい力加減でストレッチさせることがポイントです。

血液を集めて圧迫するチントレ

一般的に、「ミルキング」や「ジェルキング」などと呼ばれているチントレ法です。

ジェルキングではローションなどの小道具が必要となるため、今回は手軽にできるミルキングを紹介します。

やりかた(ミルキングの場合)

  • ちんこは勃起状態にしておく
  • ちんこの根元を親指と人差し指で輪を作るようにして握る
  • 強く握った状態のまま、中指、薬指、小指を圧迫しながら指を折る
  • 根元の方から血液を亀頭へと集めていく
  • ちんこを圧迫させたまま5秒ほどキープ
  • ゆっくりと手を放す

上記のトレーニングを最初は1日1回程度、慣れてきたら3~5と回数を増やしていくと効果的です。

ただしあまり亀頭をうっ血させると、ちんこのトラブルにつながりかねないため注意が必要です。

痛みを感じたり少しでも異常を感じたりすることがあれば、無理をせず休むようにしましょう。

オナニーでちんこを大きくする

ちんこ増大では、定期的にちんこに集まる血液の量をアップさせることが大切です。

頻繁にセックスしたりするのも、効果的な方法のひとつです。

とはいえ、毎日のようにセックスをするのが現実的にむずかしい、という方がほとんどでしょう。

そんなときは、自宅でのオナニーでも同じように効果が得られるのでおすすめです。

鬼頭オナニーで大きくする

オナニーで効率よくペニスのサイズアップを図るなら、亀頭オナニーがおすすめです。

やり方はとてもシンプル。

亀頭を中心にマッサージしたり、刺激を与えるようにオナニーするだけです。

亀頭に刺激を与えることで、効果的に海綿体への血液量をアップさせることができます。

ちんこを大きくするためには、海綿体へ血液を集めることを繰り返すのが効果的。

亀頭を中心に血液を送り込むことで、カリの血管の拡張にもつながり、増大効果も高まるのです。

手術、注射で大きくする

手っ取り早くちんこを大きくしたいという方の場合には、ちんこ増大手術などを受けるのもアリです。

特に包茎や仮性包茎で悩んでいる方などの場合は、自己トレーニングによる増大よりも、適切な治療や手術を受けたほうが良いでしょう。

他にも亀頭部分にヒアルロン酸注射を行い、亀頭を増大させることで、迫力のあるちんこにすることもできます。

また肥満などで、ちんこが短くなってしまっている場合などには、脂肪吸引や根元を引き出すような手術もあるのです。

手術や治療の場合には、専門医での相談が必須となるため、ハードルはぐっと高くなるといったデメリットはあります。

しかし、ちんこのサイズ以外の悩みも合わせて相談できるので、何かと安心です。

手術の多くは日帰りとなりますが、身体への負担や費用面などさまざまですので、まずは気軽に相談だけでも受けるといいですね。

増大サプリを飲む

ちんこを大きくする方法として、最も気軽に取り入れられる方法が、増大サプリの活用です。

生活習慣の改善やチントレと組み合わせることで、より確実にちんこを大きくできます。

増大サプリにはちんこを大きくするために必要となる栄養素がギュッと詰まっています。

なかには、Amazonや楽天でも安く購入できる手軽な増大サプリもあります。

しかし、僕自身利用してみた感想としては、安いものは効果もほとんど期待で着ないものばかりでした。

心からちんこのサイズアップを願うのであれば、当サイトで紹介しているちんこ増大サプリが確実です。

僕自身さまざまな増大サプリを利用し、効果を実感したものだけを厳選して紹介しています。

ポイントは、シトルリンやアルギニンなど、チンコ増大に欠かせない栄養素がしっかりと含まれていること。

また亜鉛のような、男性ホルモン分泌をサポートしてくれるような栄養素も、バランスよく含まれていることなどが重要です。

即効性がないとされる増大サプリですが、僕の場合は1か月ほどで効果を実感できたのでおすすめです。

もちろん、しっかりとサイズアップしたかったので、しばらくの間、継続して利用してましたよ!

大人になってからちんこを大きくするのなら、この方法がもっとも取り入れやすく効果の実感度も高いと感じました。

大人になってからでもちんこは大きくなるまとめ

年齢を重ねて大人になってからでも、ちんこのサイズアップは可能です。

チントレや筋力トレーニング、生活習慣などの改善も効果はあります。

しかし、僕なりにあれこれ試した感想としては、ちんこ増大サプリがもっとも効果の実感度が高いと感じました。

もう若くないしこれ以上ちんこを大きくするのは無理だと諦めていた方も、一度試してみてはいかがでしょうか。